五月雨近況報告

去年から一転して、今年は仕事が多忙。同時並行で複数案件を回さなければならない状態にまでなっている。それもあって、デフォルト選手データ作業はろくに出来ていない状態。まだまだ改善したい部分、やりたい事があるが、仕事と同じ系統の作業のため頭と体がそれに向かうのを拒否する。

ワクチンは大規模接種センターで6/25に1回目接種。7/30に2回目がある。
打ったのはモデルナだったが、翌日には一瞬だけ38度まで熱が出た。頭痛や吐き気はなし。アセトアミノフェンを多く含んだ「ルルアタック」を飲んで静養すると収まったが、2回目がどうなるのかちょっと怖い。あと、腕が2~3日痛くなるのはどうにかならんか。

ゲームは、今年初頭は「サクナヒメ」(クリア)、時々「スーパーマリオメーカー2」のバトルモード(最高4722まで行ったが、そこから30連敗して現在休止中)。現在は今更ながら「Dead Cells」(クリアしかけ)、もうすぐ「元祖みんなでスペランカー」が出るのでこれは買う。「パワポケ」「プロスピ」の新作は興味あるが、自分のとこは「パワプロでなんか新作、新データが発生したら反応するサイト」なので、特にデータまとめはしない。

子供は何事もなく順調に成長中。ようやく自分でトイレにおしっこに行けるようになったが、うんちがなぜかまだトイレでしたがらない。

以上、7月なのに五月雨近況報告でした。

めばえ

ブログはほぼ5ヶ月も放置していたが、生きている。

子供ももう3歳半。今年から年少さん。会話もほぼ普通にできるようなった。赤ちゃんの頃の生活サイクルがもはや懐かしいほど、今は普通の生活サイクルに戻っている。

あの当時の生活サイクルとコロナが重なっていたとしたら、嫁さんは楽だったかもしれないが、自分としては恐らくまともな精神状態でいられなかったと思う。あの当時は家でギリギリまで精神を擦り減らしつつ、仕事に行けばこれまで通りの働きを求められるという生活。使えるものは全て使って、ただただ生きていただけのような感じがする。

それ以外は5ヶ月間あまり変化なし。子供の為にdアニメとDisney∔、大人のためにSpotifyに加入してahamoに変えたくらい。会社は今年1月からテレワークを止めたが、直後に緊急事態宣言になりすぐ再開。宣言が終わるとまた止めたが、今度は「まん防」でまた今週から再開。個人的には自宅でも会社でも仕事の質は何も変わらないので、いい加減ハッキリしてほしい。

今年は30代最後の年。
2年くらい「やるやる」と言っている選手データ集の新企画もノロノロ進めてはいるが、これが完成してしまうと同時に40代に突入しそうなので、その時に一気にモチベーションが低下しないか危惧している。

再構成

昨日、ようやくパワプロ2020のデフォルト選手データ1.05、1.06版掲載に漕ぎつけた。デフォルト版以来、5か月ぶりの更新。

今年7月にデフォルト版の選手データを掲載した時点で体力の限界を感じた事と、当時仕事が忙しい中でテレワークでの作業だったため、仕事とほぼ同じような事をする選手データ編集作業へのモチベーションそのものが低下していた事を感じた為、更新する気力が一時期全く起きなくなった。

仕事の山を越えた後に熟考し、そのままフェードアウトも考えたのだが、こんな事が原因で20年続けた事を終わらせるのはあまりにも寂しいと感じ、思い直した。これが9月の上旬頃。

その後、これまで一部の項目だけに用いていた入力支援の技術を、全項目に対応できるように2ヶ月掛けてプログラムを改修。同時にこれまで約10年間ほど変わらなかった従来の編集体制を一から作りなおした。

その結果出来た最新の1.06版は、トータルの作業時間4時間ほど。その内、実際に手を動かしたのは1時間半ほどで完成。今のデータ量になってからどれだけ頑張っても最低2~3日程度掛かっていた事を考えれば、かなりの負荷軽減、時間短縮になった。今後しばらくは以前と同じペースで更新が出来そうである。

もう少し、お待ちください

BASELESS PAGE.も昨日で開設から丸22年が経過した。考えてみればうちのサイト、1990年代末期からあるので足掛け3世代に渡ってやってきた事になる。

開設当初17歳の高校2年生だった自分も、間もなく30代最後の歳を迎える。ここまで続ける事になるなんて全く予想していなかったが、余程自分に合った趣味かつ、理解のある環境や家族に恵まれた結果なんだろうなと自負している。

元々はテキスト主体のサイトでスタートしたものの、運営22年間で選手データコンテンツの運営が20年を占めてしまっているので、うちのサイトの評価としては「パワプロの選手データ載せてるサイト」なのだと思うが、開設8年目くらいまでは、選手データだけではなくクイズ企画、テキスト企画、大会企画と色んな事を考えてはやってきた。それは、選手データは時間と気力さえあれば誰でもできるので、それ以外のコンテンツで魅せなければ!という思いがあったからこそだった。

が、就職・結婚と人生を経る毎にどんどん自由時間が狭まり、そんな気力もどこへやら。新企画はなくなり、ここ14~5年くらいは開設してるだけで何もしてない時間の方が圧倒的に多くなった。それでも唯一選手データは新作が出た時や更新された時はこれまで動けてきていたが、今年に至ってはそれすらままならない状況になってしまった。

別に体にコロナ、もしくはコロナ以外の異変が起きた訳ではないし、親が倒れて大変だとか、家族に何かが起きて奔走してるとかいうわけではない。仕事がめちゃくちゃ忙しいという訳でもない。単に「デフォルト選手データの更新作業」に及び腰になってしまっている。

原因はハッキリしている。「仕事とほぼ同じ事を趣味の世界でやらなきゃならないから」。ただ、それは今年に限った話ではなく、それこそここ10年くらい前からそんな体制でやってきている。昨年だって別に「仕事は仕事。趣味は趣味」で切り分けてやっていた。それが、今年になって急激にその腰が重くなった。それはなぜか。

最大の要因はテレワークである。
昨年までは仕事と趣味の性質は似ていながらも、仕事は会社でやり、家では趣味をやる(緊急時は夜中掛かりで家で仕事やる事はあったが)、という切り分け・棲み分けが出来ていたのだが、今年に入ってその垣根が無くなったため、家でパソコンで何かする=仕事という印象があまりにも強くなりすぎてしまい、自分1人でパソコンを弄る事が出来る時間に、デフォルト選手データの作業をやろう!という気力がかなり湧きにくくなってしまった。テレワーク自体は肉体的・金銭的・精神的に大きな負担軽減になっていて素晴らしい仕組みなのだが、こと選手データに関しては「足枷」を顕著に感じる。今、それを割り切って割り切って割り切って、どうにかして取っ払おうともがいている。

選手データ開始から16~7年ほどは手入力を主体に編集作業をやってきたが、選手データ量の増大化と体力的な理由で編集作業が大きな負担になってきたため、ここ2~3年ほどデフォルト選手データ編集作業の効率化プロジェクトを進め、少しずつ物になってきていて、昨年からは手入力4割、自動入力6割くらいにまでなってきているのだが、今回の「足枷」を理由にして手入力の割合を1割程度にまで減らそうと目論んでいる。それが形になって、考えている企画が目に見える形になれば、あとは野となれ山となれと思っている。

今が一番厳しい折り返し地点。どうかそれが何なりかのモノになるまでは、見守っていただきたい。

サボりぐせ

「第21シーズンスタート」とか銘打っておいて、早速更新サボりまくり。1.01版とか、OB選手も早くやれっての。という声がちらほら聞こえないような、聞こえるような。

楽しみにしている、無くては困るという人には申し訳ないが、別にコロナとかで体調が悪い訳でも家庭内で問題があるわけでもないので、心配してる人がもしいるとしたら、そこは心配無用。至極単純に日常が忙しすぎて、更新作業に気が回らないだけでございます。

ぼちぼちやってるので、しばらくお待ちください。

第21シーズンスタート

コロナでわちゃわちゃしたが、5月下旬から普通通りの生活に戻り、子供は普通に保育園に行き、自分も普通に会社に出社するようになった。給付金は、嫁さんはカバン、子供はおもちゃ、自分はPCモニターを10年ぶりに新調。20型から24型になった。最近のモニターは軽く、薄く、縁が短い。

そんな中、なんやかんやで今年もパワプロの新作の時期が来た。

今回も発売1ヶ月前から作業負荷軽減プロジェクトをぼちぼちぼちぼち進めていたのだが、結果的に作業時間の若干の短縮程度にとどまった。手を動かす作業量は結局これまでと同じである。

年齢的には本格的に対策しないと体力的にしんどいのは分かっているのだが、対策するには仕事と同じ事を趣味の世界でしないといけないのでとにかく及び腰になり、なかなかプロジェクトは進まない。

そんなこんなで、21年目のデフォルト選手データ集、始まる。

ループ

2020年のGW。「お家にいましょう」とか言われる世の中、そう外出も帰省もできない。昨年から今年に掛けて親戚中に子供が2人も生まれたのだが、1度も会うこともできないまま。そうなればやることは基本的に以下の4つ。

1:近くのスーパーへ買い物(自分か嫁さんのいずれか1人が代表で)
2:外食(今はお持ち帰りしかないが、店の近くまでは家族で行く)
3:近くの河川敷に遊びに行く(公園は子供が多く怖いため)
4:家でなんかして遊ぶ

ただこれを5日繰り返すだけ、という異常な連休。ここで雨でも降ろうものなら、1か4しか出来なくなる。さすがにインドア派の自分も音を上げそうになっている。

とはいえ、まだ子供が小さく上記のような行動でも子供を欲をそこそこ誤魔化せるうちの家はかなりマシな方かもしれない。子供がある程度の年齢になっていると、これほどの長期休暇なら相当な確率、相当な深度で一定の方向への「歪み」が起きてもしょうがない。自分の子供だって表向きは無邪気に見えているだけで、「歪み」の礎を既に築いているのかもしれない。だとしたら不安でしょうがない。

何にせよ早く終わってくれ。